似ているようで非なるもの?

CRMと名刺管理ツール。似ているようで非なるもののようです。CRMや名刺管理ツールはよく営業支援ツールと言われますが、よくよく調べてみるとCRMの方はツールと言うよりも考え方、手法と言った方が良いのかもしれません。究極的には顧客情報を集積して分析、そして顧客満足度を向上させること。これが目的なので、ツールという概念とはちょっと違うかと。

一方の名刺管理ツールはその名称通り名刺を管理していくツールそのもの。名刺をスキャンすることでツールを提供している会社がデータ化してくれます。また名刺情報とともに名刺をいつ交換し、どのような会話をしたのか、そこまでの情報を蓄積する機能をもったツールもあるんですね。これらを利用して次の営業に活かしていくもの。

なので、両方を一緒にしてみたらより良いのでは?と素人の私としは思ってしまいます^^実際、CRMやSFAと連動させる名刺管理ツールも出てきているようですね。ただ、これらがどのようなものであるのかは、やはりきちんと識別しておく必要はあると思われます。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>