NECのコンタクトセンターソリューション

CRMにおいて、コンタクトセンターは大きな役割を果たすと言われていますよね。NECでも、このコンタクトセンターを重要セクターとして位置づけ。「企業のブランドイメージの形成だけでなく、経営に大きく関与する部門の一つ」としているそうです。

モノが売れないとか、モノが溢れすぎていると言われる現代において、顧客は我がまま言い放題^^ニーズも多岐に渡るようになっていて、それを企業は許している?!ような状態。さらに、このようなコンタクトセンターを設置して、顧客の生の声を聞いてそれを商品やサービスの開発に活かそうと懸命です。

NECでも、このような我がまま顧客の声を的確に捉えること、そして素早く対応できることを目標とし、CRMの中でもこのコンタクトセンターを重要視しているようです。

日本では超有名企業なので、NECのソリューションと聞くだけで安心感がありますが、強みとして自社開発のサービスなので機能が豊富、拡張性実現、そして大量の顧客の声を集計可能、これまでの豊かな実績、サポート力、構築力・ソリューション力などが挙げられていました。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>