点から線、そして面へ

なぜCRMの導入が日本でも進んでいるのか。顧客情報の管理を徹底することで、顧客満足度を向上させて上顧客を掴みたい、ということはもちろんですが、その顧客情報の管理が点から線、そして面へとつながることで、かなりの業務効率化が実現し、今だけではなくて将来的に長く売上を期待することが可能となるからなんですね。これらは、やはりエクセルでは無理なんですね。

今でも顧客情報管理をエクセルで続けている会社も多いでしょう。とくに、CRMなど新しい営業支援システムの導入は中小企業には高根の花と思われるかもしれません。ところが実際には中小企業ほどCRMの導入に効果を感じているようなんです。それが情報の統合管理。そして欲しい情報をすぐに入手できることなんです。

これはエクセルでは非常に難しいところで、エクセルを使いこなせている営業マンでも壁にぶち当たってしまう場所なんだそう。。

最近では無料アプリやテスト導入期間を設けたCRMを見ることがよくあります。ここから一度試すのも、もしかしたら大きな発見になるかもしれませんよ。

顧客管理

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>