どのような管理をしたいのかが重要

SFAの導入をする場合、自分の会社で必要としている管理が案件なのか、それとも見込み案件なのか、それらをハッキリとしておくことが重要なんだそうです。これらを何も考えることなくSFAを導入してしまうと、「SFAは使いにくかった」「かえって作業負担になってしまった」といった意見が多くなるんですね。

そもそもSFAは新規顧客の獲得を支援してくれるツールと言われています。しかし中には見込み案件ではなくて案件の管理に特化したものもあるそうなんですね。それを把握しないまま導入したことで、運用がストップするケースもあるんだそうです。

新規顧客、見込み案件の管理を徹底させたいならば、やはりこれに特化したSFAを探すことから始めるべきのようです。

アプローチをかけようと思っていた企業に実は他の部署の担当者も営業に行っていたとか、以前アプローチをかけた際の反応はどういったものだったのか、このような経過もSFAでは記録に残すこともできるので、このような機能を十分に使いこなせると良いですね。

https://knowledgesuite.jp/service/what-is-sfa.html

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>