使う人と指導する人の両方が

SFAを導入しても、結果的には導入失敗に・・という例も多いようです。

SFA自体が自社には難しすぎた、必要の無い機能ばかりでコストがかかり過ぎたというように、さまざまな問題点はあるようですが、SFAを実際に使う人、そしてそれを指導する人の両方に問題がある、ということも知っておいてください。

SFAを実際に使う人とは営業マンなど現場で働く人ですよね。とくに営業マンの方たちは外回りをする人がほとんどなのに、SFAのためにデスクワークを強いられます。外出先でも入力は可能ですが、スマホやタブレットとにらめっこしながらの入力作業は、面倒なものでしょう。そして、頑張って入力したのに、管理者やマネージャーなど指導する立場の人はそれを見ているのかどうかもわからない。きっと見ていないだろう、ということで、結果的に営業マンが入力しなくなる、という悪いサイクルが出来上がるんですね。

これではSFAだけが悪い、ということではありません。使う人、指導する人の両方が協力することも大事なんですね。

knowledgesuite.jp

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>