直感的な見やすさも

CRMの導入、そして運用を進めるために、努力が必要と言われています。社員がCRMに慣れ、使いこなせなければ、長く継続していくことは難しいですよね。やはり努力という言葉がそこには要るわけです。

ただ、必要の無い努力に時間や手間をかけることは、CRMを使う意味が無くなってしまいます。業務の効率化、これがCRMの根本にはあるから。では、どういったことで業務の効率化を実現したら良いのでしょうか。

その一つは、直感的な見やすさです。管理画面がそもそも見にくい、よくわからない、という声もCRMでは聞かれます。そのためにCRMを諦めた、という会社があるほど。でも、よく調べてみると、ITに詳しくない、パソコンが苦手な人でも、直感的にわかる、悩まなくても作業できるCRMというものもあるんですよね。

と言うことは、CRMの選択の時点で直感的な見やすさを備えているのか、ここをきっちりチェックして選べば、長く運用できる可能性も増えると思われます。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>