書類があっても

営業の為に役に立つ書類が山のようにあっても、それを共有できなければ十分にその役割を果たすことはできませんよね。役に立つ情報をすべての営業マンが共有し、リアルタイムで確認することができれば、一人一人の営業マンそれぞれが案件の成約率をアップさせることも可能となるでしょう。

こういったことができるのが、営業支援ツールであり、CRMなんです。CRMは顧客情報を一元管理することで、社内の誰でもが同じ情報を共有することができます。そして顧客情報だけれはなく、案件管理も一緒にすることができるんですね。
顧客との案件が今どういった流れで進んでいるのか、といったことも情報共有できるわけです。知りたい情報をすぐに取り出すことが出来、そこから会議用の資料作成、日報なども簡単に作ることが可能ですから、業務の効率化も実現できます。

今、各企業では働き方改革が進められ、業務は多いのに仕事の時間を減らせという、相反する命令が上層部から出ているはずです。そういった場にも、CRMによって成果がもたらされるはずです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>