業績の低迷がきっかけ

何となく日本の経済は上向き?とか言われていますが、それでも大変な思いをしている企業はたくさんあると思われます。ずっと業績好調の企業でも、最近は思ったように売り上げが伸びず、業績も低迷。根本的に営業自体を変える必要がある、と感じた時、CRMといった営業支援ツールに想いは飛ぶようです。

ある企業でも、近年の業績の低迷がきっかけとなり、属人的営業からCRMを活用して効率的な営業を目指すことにしたそうです。すると、何故か以前よりもきめ細やかな営業へと変わることができたとか。これは結果論なんですが、人がアナログで管理していた顧客情報が、デジタル管理に変わることで、顧客それぞれを思って営業活動ができるため、結果的に顧客に対してきめ細やかな営業を行い、顧客満足度も上げることができたそうです。

当初は、デジタル管理なんて・・といった声もあり、反対意見の方が多かったようですが、顧客からの反応の良さに、デジタル化が一概に良く無い事、といったイメージを払しょくする必要があると考えられたようです。

マーケティングソリューションツール

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>