導入時には

CRMを導入する時には、今社内にある課題や社員たちの業務内容をしっかりと把握し、多角的に分析することが重要と言われています。CRMは顧客情報を一元管理できるとともに、顧客満足度を向上させるツールとしても使うことができます。また、他のツールやシステムとの連携も可能なものが多いため、社員たちの業務を飛躍的に向上できる可能性もあります。専門知識のある人材を確保したり教育することは大変ですが、CRMには多くのメリットがあるんです。

課題を掘り起こしたり、業務内容の把握をやることで、会社幹部たちは会社全体の状況をつぶさに知ることもできます。CRMとは関係の無いところですが、こういった情報を把握できる機会となることもある意味メリットがあると言えそうです。

ただ、最初に言った通り、現状の把握ということ、そしてCRMで何を改善し何を目標にしたいのかを使う人全てが共有していないといけません。導入当初は定めた目標通りに動いたとしても、時間の経過とともに方向性がバラバラになってしまうこともよくあるんですね。


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>