メールでは反応がわからない顧客には

せっせと既存顧客にメールを出してはいるけれど、いまいち反応がわからないといった声をよく耳にします。このような場合、CRMを導入することで解決することが可能です。

まず、CRMを活用することで顧客がメールを開封したのか、その後メール内のURLをクリックし、商品を確認したのか、こういった顧客の行動がわかるようになります。また、メール以外にLINEなどSNSを使って、さらに顧客との接点を濃いものにすることができるんです。すでに大企業などもLINEで個人とやり取りを行っていて、顧客の生の声を直接聞いたり、LINE顧客ならではのサービス、クーポンの配布なども行われています。SNSだと顧客の反応はダイレクトに伝わりますから、今後メルマガなどもメールよりもSNSの方が使われるようになるかもしれませんね。

新しいシステムを導入するということは、従業員からの反発も大きいようですが、それに余るメリットもあるため、従業員を説得することが第一の目標になります。


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>