どれくらいの期間にするのか

SFAはいきなり始めるのではなくて、ある期間試用期間を設けることが良いと言われています。だいたいどれくらいの期間が必要なのか・・・、ここでははっきりと言い切ることはできませんでした。

というのも、SFAは導入を希望している会社の規模、使いたい機能、そして連携したいツールというように、それぞれケースバイケースなんですね。そのため、SFAのベンダとともに話し合って決めていく、これが最も良いようです。ベンダによってはあまり相談に乗ってくれないこともあるそうで、こんなベンダでは後々困ることも出てくるため、きちんと向き合ってくれるベンダを探す、という点でもこういった相談をしてみるのも良いですね。

試用期間中行っておきたいのは、自社が求めている機能があるか。他ツールとの連携は可能か。そして従業員たちが使いこなすことができるのか、そして、コスト、セキュリティ、利用権限などに問題が出てこないか、確認をすることも重要になります。


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>