営業改革に欠かせないSFA

ある企業の話題なのですが、数年前に「新規販売の伸び悩みを契機とした営業部の組織改革」を行ったそうです。具体的にいは、案件管理など営業マンが行う営業の報告等の管理を全てSFAに移行。会議は7分の1以下の時間い。人材育成においてもデータで管理するなど、ITツールの活用を一気に進めたそうです。これによってどれだけ売り上げが上がったのかまでは分かりませんでしたが、相当な改革ですよね。

伸び悩みがあったから改革も致し方ないと営業マンたちも納得できたかもしれませんし、新ツールに慣れる時間もあったのかもしれません。しかし、順調に売り上げを伸ばしている企業の場合には、もしかしたら営業マンたちの抵抗が強いかもしれませんよね。

ただ、ライバル企業は次々にこういった組織改革を行い、最新のITツールを使って売り上げを伸ばそうとしていると考えていた方が良いでしょう。どの企業も必死ということを営業マンたちがちゃんと分かっていれば、すんなりとSFAの導入も可能になるのかもしれません。


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>