戦略が明らかにできる

SFAを活用すれば、どの顧客・・正確にはこれから顧客になるであろう会社や個人に、どんな戦略が有効なのか、明らかにすることができるそうです。

見込み顧客をまずは集め、その中から確度の高い顧客を見極め、最適なアプローチをかける。言葉で言うのは簡単ですが、実際にこれが出来ないから売り上げも上げられないんですよね。SFAには、多くの見込み顧客の情報を蓄積できます。さらに、電話をかけた際の相手の反応、実際にアプローチした時、案件化し商談成立あるいは不成立までのプロセスなど、見込み顧客の反応や商談の内容も全て蓄積できるんです。すると、見込み顧客ごとにニーズや商談の際の傾向が判明したり、反対に自社の強みや弱み、足りないところなども発見していくことができます。また、営業マンそれぞれがSFAから学ぶことも多く、営業力の平均化も期待できると言われているんです。

きちんとSFAを活用し、分析できるスタッフがいることが条件ではありますが、戦略的に営業を行っていきたい会社にとっては、SFAは強い味方になりそうです。


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>