Easy Biz Listing http://www.easybizlisting.com Sun, 11 Aug 2019 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 ユーザーの要求は高まるばかり http://www.easybizlisting.com/2019/08/12/diary-20190812/ http://www.easybizlisting.com/2019/08/12/diary-20190812/#comments Sun, 11 Aug 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/easybizlistingcom/2019/08/12/diary-20190812/ Continue reading ]]>

ユーザーの要求は高まるばかり、といったことがあるネット記事に記載されていました。CRMやコールセンターを設置するなど、ユーザーへの対応を強化し、向上を目指そうと多くの企業において投資が進んでいます。

販売チャネルが増え、ユーザーの要求は多岐に渡り、これからの時代は一人一人、一社ずつとの関係が重要になってくると言われています。そのため、それぞれのユーザーに合ったサービスや情報の提供が必要だと考えらえ、ツールやシステムの導入が行われるようになったんですね。

サブスクリプションビジネスという、面白いビジネスが今は全盛期に入っています。これが、ユーザーのニーズをさらに高めている原因になっていると。サブスクリプションビジネスを活用するユーザーは、場合によってはネットだけの付き合いになります。ということは、気兼ねなく解約や退会が簡単にできてしまうんですね。ここがポイントであり、そうなるとツールやシステムを使っても、ユーザーの心をとどめ置くことが難しいというわけなんですね。


]]>
http://www.easybizlisting.com/2019/08/12/diary-20190812/feed/ 0
戦略が明らかにできる http://www.easybizlisting.com/2019/08/09/diary-20190809/ http://www.easybizlisting.com/2019/08/09/diary-20190809/#comments Thu, 08 Aug 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/easybizlistingcom/2019/08/09/diary-20190809/ Continue reading ]]>

SFAを活用すれば、どの顧客・・正確にはこれから顧客になるであろう会社や個人に、どんな戦略が有効なのか、明らかにすることができるそうです。

見込み顧客をまずは集め、その中から確度の高い顧客を見極め、最適なアプローチをかける。言葉で言うのは簡単ですが、実際にこれが出来ないから売り上げも上げられないんですよね。SFAには、多くの見込み顧客の情報を蓄積できます。さらに、電話をかけた際の相手の反応、実際にアプローチした時、案件化し商談成立あるいは不成立までのプロセスなど、見込み顧客の反応や商談の内容も全て蓄積できるんです。すると、見込み顧客ごとにニーズや商談の際の傾向が判明したり、反対に自社の強みや弱み、足りないところなども発見していくことができます。また、営業マンそれぞれがSFAから学ぶことも多く、営業力の平均化も期待できると言われているんです。

きちんとSFAを活用し、分析できるスタッフがいることが条件ではありますが、戦略的に営業を行っていきたい会社にとっては、SFAは強い味方になりそうです。


]]>
http://www.easybizlisting.com/2019/08/09/diary-20190809/feed/ 0
SFAの前に http://www.easybizlisting.com/2019/07/21/diary-20190721/ http://www.easybizlisting.com/2019/07/21/diary-20190721/#comments Sat, 20 Jul 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/easybizlistingcom/2019/07/21/diary-20190721/ Continue reading ]]>

営業支援ツールや営業に使えるアプリって山ほどありますよね。その中から今の自分が行っている作業に最適なものを選ぶのにも困ってしまうはずです。

営業支援ツールにはSFAといった有名なものもありますが、このツールも最適な使い方があります。しかし順番を間違えると使いにくかったり使いたい機能が入っていない場合もありますので、注意が必要です。

イベントやセミナーを開いて獲得した名刺情報。これをSFAに入れて新規顧客につなげることもできますが、その前にMAを使うことがより効果的と言われています。イベントを開催後、自社サイトや電話で問い合わせがあった内容をMAツールに入力。その後、メールやDMで情報を提供しながら見込み顧客をランキングする。ここがMAができる部分であり、MAツールの効果を発揮できるプロセスでもあるんですね。

見込み顧客の中からランクが上となった顧客にアプローチをする。ここからがSFAの出番となるわけです。適材適所にツールを配置することも重要です。


]]>
http://www.easybizlisting.com/2019/07/21/diary-20190721/feed/ 0
Prediction Oneの提供をスタート http://www.easybizlisting.com/2019/07/19/diary-20190719/ http://www.easybizlisting.com/2019/07/19/diary-20190719/#comments Thu, 18 Jul 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/easybizlistingcom/2019/07/19/diary-20190719/ Continue reading ]]>

このPrediction Oneとはソニーのソフトで、予測分析ができるツールとのことです。実はこのツール、すでにソニーグループの中では活用が進んでいて、「ダイレクトマーケティングやシフト配置、CRMなどに活用」していたそうです。このツールを外部でも使うということは、それなりの成果があったということでしょうか。

そういえば、提供をする、といったニュースを以前に見たことがありました。その時には、提供する予定と書かれていた記憶がありますが、今月実際に提供がスタートしているんですね。

そもそもこのprediction Oneとは、専門のプログラミングなどを知らなくても使える予測分析ツールで、少ないクリック数で分析結果を導き出すことができるんだそうです。ただ・・、専門家が思う簡単と、本当にプログラミングの知識が無い人が思う簡単には大きな隔たりがありますからね。この辺をクリアにしておかないと、導入する方は後でしまった!ということになりかねませんよね。あ・・でも、しばらくは無料での提供だそうですので、興味のある方は今のうちに^^


]]>
http://www.easybizlisting.com/2019/07/19/diary-20190719/feed/ 0
営業改革に欠かせないSFA http://www.easybizlisting.com/2019/06/30/diary-20190630/ http://www.easybizlisting.com/2019/06/30/diary-20190630/#comments Sat, 29 Jun 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/easybizlistingcom/2019/06/30/diary-20190630/ Continue reading ]]>

ある企業の話題なのですが、数年前に「新規販売の伸び悩みを契機とした営業部の組織改革」を行ったそうです。具体的にいは、案件管理など営業マンが行う営業の報告等の管理を全てSFAに移行。会議は7分の1以下の時間い。人材育成においてもデータで管理するなど、ITツールの活用を一気に進めたそうです。これによってどれだけ売り上げが上がったのかまでは分かりませんでしたが、相当な改革ですよね。

伸び悩みがあったから改革も致し方ないと営業マンたちも納得できたかもしれませんし、新ツールに慣れる時間もあったのかもしれません。しかし、順調に売り上げを伸ばしている企業の場合には、もしかしたら営業マンたちの抵抗が強いかもしれませんよね。

ただ、ライバル企業は次々にこういった組織改革を行い、最新のITツールを使って売り上げを伸ばそうとしていると考えていた方が良いでしょう。どの企業も必死ということを営業マンたちがちゃんと分かっていれば、すんなりとSFAの導入も可能になるのかもしれません。


]]>
http://www.easybizlisting.com/2019/06/30/diary-20190630/feed/ 0
どれくらいの期間にするのか http://www.easybizlisting.com/2019/06/29/diary-20190629/ http://www.easybizlisting.com/2019/06/29/diary-20190629/#comments Fri, 28 Jun 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/easybizlistingcom/2019/06/29/diary-20190629/ Continue reading ]]>

SFAはいきなり始めるのではなくて、ある期間試用期間を設けることが良いと言われています。だいたいどれくらいの期間が必要なのか・・・、ここでははっきりと言い切ることはできませんでした。

というのも、SFAは導入を希望している会社の規模、使いたい機能、そして連携したいツールというように、それぞれケースバイケースなんですね。そのため、SFAのベンダとともに話し合って決めていく、これが最も良いようです。ベンダによってはあまり相談に乗ってくれないこともあるそうで、こんなベンダでは後々困ることも出てくるため、きちんと向き合ってくれるベンダを探す、という点でもこういった相談をしてみるのも良いですね。

試用期間中行っておきたいのは、自社が求めている機能があるか。他ツールとの連携は可能か。そして従業員たちが使いこなすことができるのか、そして、コスト、セキュリティ、利用権限などに問題が出てこないか、確認をすることも重要になります。


]]>
http://www.easybizlisting.com/2019/06/29/diary-20190629/feed/ 0
メールでは反応がわからない顧客には http://www.easybizlisting.com/2019/06/23/diary-20190623/ http://www.easybizlisting.com/2019/06/23/diary-20190623/#comments Sat, 22 Jun 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/easybizlistingcom/2019/06/23/diary-20190623/ Continue reading ]]>

せっせと既存顧客にメールを出してはいるけれど、いまいち反応がわからないといった声をよく耳にします。このような場合、CRMを導入することで解決することが可能です。

まず、CRMを活用することで顧客がメールを開封したのか、その後メール内のURLをクリックし、商品を確認したのか、こういった顧客の行動がわかるようになります。また、メール以外にLINEなどSNSを使って、さらに顧客との接点を濃いものにすることができるんです。すでに大企業などもLINEで個人とやり取りを行っていて、顧客の生の声を直接聞いたり、LINE顧客ならではのサービス、クーポンの配布なども行われています。SNSだと顧客の反応はダイレクトに伝わりますから、今後メルマガなどもメールよりもSNSの方が使われるようになるかもしれませんね。

新しいシステムを導入するということは、従業員からの反発も大きいようですが、それに余るメリットもあるため、従業員を説得することが第一の目標になります。


]]>
http://www.easybizlisting.com/2019/06/23/diary-20190623/feed/ 0
それでも攻めたい! http://www.easybizlisting.com/2019/06/16/diary-20190616/ http://www.easybizlisting.com/2019/06/16/diary-20190616/#comments Sat, 15 Jun 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/easybizlistingcom/2019/06/16/diary-20190616/ Continue reading ]]>

働き方改革が推し進められるなかでも、やはり攻めの営業をしていきたいと考える経営者も多いのではないでしょうか。ライバル会社がこの改革に翻弄されている今だからこそ、一気呵成に販路を拡大。これによって、社員を増やして働き方改革も実践できれば良いと。

本当にそうですよね。今がピンチと思えばそれを逆手に取り、他の会社も同じ立場に立たされているわけですから、他の会社と全く別の視点を持てば良いわけです。こういった会社にはCRMのような営業支援ツールがおすすめとのことです。

CRMに全ての情報を集約させ、顧客が今何を求めているのか、真のニーズというものを掘り起こしていきます。本当に必要としているものを、もっとも良いタイミングで提供し、また関連する情報も提供していくことで、顧客満足度は向上しますし、業務そのものも最適化されていくそうです。

今こそ、もしかしたら攻めの営業が効果を発揮するのかもしれません。CRMの導入に戸惑っている場合には、テスト試用を設けているベンダを探すのも良いかもしれませんね。


]]>
http://www.easybizlisting.com/2019/06/16/diary-20190616/feed/ 0
質問の仕方を変えてみたら・・ http://www.easybizlisting.com/2019/06/08/diary-20190608/ http://www.easybizlisting.com/2019/06/08/diary-20190608/#comments Fri, 07 Jun 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/easybizlistingcom/2019/06/08/diary-20190608/ Continue reading ]]>

よく聞くかもしれませんが、若い営業マンは自分から動かない、先手を打つことをしない、何を聞いても曖昧な答えしか返ってこない。上司の方の愚痴ですね^^でも、質問の仕方を変えてみるとどうでしょう。意外とこれまでとは違った反応を見ることができるかもしれません。もし質問の仕方を変えるなんて面倒なことを自分はしたくない、と思えば、SFAを使うようにしたら良いようです。

SFAは自ら考える力を付けるツールとしても役立ちます。情報を蓄積し続ける根気強さは必要ですが、それさえ継続できれば、タスク機能を使って、今日自分が何をすべきかが分かるようになりますし、成績が上がらない時には他の成績の良い営業マンのSFAから学ぶことができるんです。

口ではきちんと報告ができなかった営業マン、実は報告書には素晴らしい内容が書かれていることもあるんだそうです。あるいは、SNSではちゃんと質問してきたり、感謝の気持ちもしっかりと伝えてくることもあったり。上司も、SNS上では褒めてあげたりアドバイスできることもあるそうですよ^^


]]>
http://www.easybizlisting.com/2019/06/08/diary-20190608/feed/ 0
導入時には http://www.easybizlisting.com/2019/05/31/diary-20190531/ http://www.easybizlisting.com/2019/05/31/diary-20190531/#comments Thu, 30 May 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/easybizlistingcom/2019/05/31/diary-20190531/ Continue reading ]]>

CRMを導入する時には、今社内にある課題や社員たちの業務内容をしっかりと把握し、多角的に分析することが重要と言われています。CRMは顧客情報を一元管理できるとともに、顧客満足度を向上させるツールとしても使うことができます。また、他のツールやシステムとの連携も可能なものが多いため、社員たちの業務を飛躍的に向上できる可能性もあります。専門知識のある人材を確保したり教育することは大変ですが、CRMには多くのメリットがあるんです。

課題を掘り起こしたり、業務内容の把握をやることで、会社幹部たちは会社全体の状況をつぶさに知ることもできます。CRMとは関係の無いところですが、こういった情報を把握できる機会となることもある意味メリットがあると言えそうです。

ただ、最初に言った通り、現状の把握ということ、そしてCRMで何を改善し何を目標にしたいのかを使う人全てが共有していないといけません。導入当初は定めた目標通りに動いたとしても、時間の経過とともに方向性がバラバラになってしまうこともよくあるんですね。


]]>
http://www.easybizlisting.com/2019/05/31/diary-20190531/feed/ 0